電子錠の利用用途はさまざま!住戸玄関用・賃貸物件管理用・民泊…

電子錠の基礎知識

電子錠にはたくさんの機能があります。

例えばオートロック機能は自動的にカギが閉まってくれるという便利な機能で、朝のゴミ出しのようなちょっとした外出でもしっかりと施錠してくれます。ワンタイムパスワードが発行できる機種なら、訪問介護や物件管理で1度だけ解錠したい時に非常に便利です。

また解錠方法にもいくつか種類があり、ICカードや暗証番号だけでなく、手持ちのスマホをカギとして登録したり、近づくだけで解錠するリモートキーなどなど従来の鍵にはなかった機能が満載です。

そこで本記事ではこうした電子錠の便利な機能がどのようなシーンで活躍するのかを4つの事例で紹介していきます。

【自宅】に導入 小さなお子様も簡単に開け閉め

小さなお子様のいらっしゃるご家庭では「子供がカギをなくした。」「玄関のカギが開けっ放しになっていた。」などの経験をお持ちの方も少なくないと思います。

犯罪者のターゲットにしないためにも、できればお子様にカギは持たせたくないもの。しかし、カギを持たせていないと、ご自身が不在のときにお子様が家に入ることができませんよね。

そんな悩みを解決するのが電子錠のスマートロックシステムです。

スマートロックシステムはスマホなどでカギの開け閉めを操作できる機能のことで、リモコンや登録した電子機器で解錠できるので小さなお子様でも簡単に扱えます。しかも機種によってはその場にいなくても解錠できるので、お子様の帰宅に合わせてカギを開けたり、家事や育児で手が離せないときでも解錠するといった便利な使い方ができるのも魅力です。

万が一リモコンを無くしても登録情報を削除すればいいので、従来のカギのようにシリンダー交換をする必要がないというのもメリットですね。

それでも「外でリモコンをなくして帰ってきたらどうしよう。」と、ご心配の方がいらっしゃるかもしれません。そんな方には指紋認証機能がついている電子錠がおすすめです。これならリモコンもケータイも必要ありません。オートロックで閉め出されるリスクもなくなります。

【オフィス】に導入 事務所のセキュリティを強化

事務所には社員だけではなく、取引先担当者や清掃業者、配達業者、設備関係の工事業者、パート・アルバイトなど、様々な業種の方が出入りします。そのため、誰がいつどこに出入りしたのかを管理できと、大きなリスクを抱えることになります。

また、夜間の清掃や工事ではカギの受け渡しが必要ですし、カギの紛失や複製も心配ですよね。

暗証番号認証機能のある電子錠なら、発行した暗証番号ごとに入退室履歴を管理できますし、カギの受け渡しの必要もなくなります。それぞれの暗証番号に有効期間を設定することも出来ますので、契約時間外は出入りできなくすることも可能です。

【介護用】に導入 訪問介護をスムーズに

「ホームヘルパーさんにカギを預けたいけど断られた。」「カギを預けるのはちょっと…。」こんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

ホームヘルパー派遣業者の中にはカギを預かってくれないところもありますし、預かってくれたとしても信頼しても良いのかどうか悩みますよね。無理をすれば玄関までカギを開けに行けなくもない方でも、途中で尻もちをついたり、ころんだりして寝たきりになったりでもしたらと、気が気でなりません。

そこでリモコンでカギを開けることができる電子錠なら、ホームヘルパー訪問時にベッドの上からカギの開け閉めが簡単にできるのです。また、玄関のドアが開くと警報を鳴らす機能を備えている電子錠もあり、徘徊防止に効果があります。

【民泊】に導入 カギの管理を賢くまとめる

民泊ではカギの管理が大変です。まずカギの受け渡しが面倒ですし、時間通りに来ない利用者もいらっしゃいます。無事にカギの受け渡しができても、現地に同行するわけではありませんので、チェックインしたかどうかがわかりません。万一カギの返却がなかった場合は、対応に追われることになります。

そんな場合でも暗証番号とICカード認証を併用できる電子錠なら、面倒なカギの受け渡しをすることなくスムーズに管理ができます。

使い方は簡単で、利用者には初回だけ解錠を認める暗証番号をメールで通知します。そして部屋の中にICカードを置いておけば、その後はICカードで自由に出入りできるというわけです。オートロック機能がありますので、セキュリティも万全です。

【賃貸物件】に導入 ウィークリーやマンスリーマンションの管理

ウィークリーやマンスリーマンションでも大きな負担となるのはカギの管理です。まず、お客様の利用期間が短いため、カギの受け渡し頻度が高くなります。来訪時間もバラバラで、そのたびに担当者が対応しなくてはなりません。また、セキュリティ上、利用者が変わるたびにカギを交換する必要もあります。これは大変な手間とコストです。

暗証番号認証機能のある電子錠なら、カギの受け渡しをする必要はありません。

お客様に暗証番号を通知するだけで済みますので、大幅に手間を減らすことができます。次のお客様が利用する際には暗証番号を変えるだけで済み、カギを交換する必要もありません。電子錠によっては入退室状況をクラウド上で一括して管理することもできるので大変便利です。

入居だけでなく、内見でもカギの管理がスマートになるのは、物件管理者にとって大きな魅力ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

電子錠がどんな風に役立つかを4つの事例をもとに紹介しました。

従来の鍵との一番の違いはカギを持っていなくても解錠できるという点ではないでしょうか。これにより、その場にいなくても遠隔操作できたり、訪問者や一時的な入退室を管理することができます。

電子錠はピッキングなどの従来の侵入行為に対して優れた防犯性能を発揮しますので、ご自宅での使用におすすめできますが、用途や目的に合わせてオフィスや物件管理でも幅広く利用できるツールです。

施錠で迷ったら電子錠を検討してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました