複合認証式の電子錠を徹底比較! おすすめ商品と選び方・使い方のポイントご紹介!

電子錠の選び方

「暗証番号やカードだけで開けることができる電子錠はちょっと心配」と感じる方はいらっしゃいませんか。そんな方も安心です、なんと複合認証方式の電子錠なら、二重ロックをかけることができるんです。

複合認証方式の電子錠は、複数の認証方式を組み合わせることによってカギを開けますので、最もセキュリティレベルの高い電子錠といえます。顔認証や指紋認証機能を搭載した機種も販売されており、主に研究施設やオフィス内で、特定の社員しか出入りしない箇所の入退室管理に利用されています。ICカードと暗証番号を組み合わせる一般家庭向けのものも販売されていますよね。

この記事では、複合認証方式の電子錠を徹底比較しながら、選び方のポイントとおすすめ商品を詳しく解説していきます。

複合認証式電子錠のおすすめポイントを3つ紹介

ここでは複合認証式の電子錠のおすすめポイント3つをご紹介します。

①複合認証方式の電子錠セキュリティレベルが非常に高い

なんといっても複数の認証方式を組み合わせることによってカギを開けますので、セキュリティレベルが非常に高いのが最大のメリットです。例えばICカードと暗証番号の複合認証方式の場合、どちらか一方ではカギを開けることができません。

どちらか一方でカギを開けることができるよう設定することも可能です。

②複合認証方式の電子錠入室者の特定が可能

例えばICカードのみでカギを開けることができる場合だと、カードの貸し借りをすることで個人の特定が難しくなります。しかし指紋認証や顔認証を組み合わせることにより、ほぼ間違いなく個人を特定することができます。入退室管理をシビアに行う必要がある場合に有効です。

厳重に管理したいオフィスなどに最適ですね

③複合認証方式の電子錠ICカードを紛失してもコストをおさえることができる

従来のカギのように、紛失した場合に防犯上の理由からシリンダーを交換する必要がありません。紛失したカードを無効にするだけでOKです

たとえばエナスピレーションの「TOUCH2」は、個別にICカードの登録と削除ができます。

ICカードは通販で販売されていますので、紛失した場合の費用はICカード単体の費用と送料のみとなります。

複合認証式電子錠4選を徹底比較!

今回紹介するおすすめの電子錠は
PiACKⅡ」「インターロック」「TRUST LOCK」「Face Secure」の4種類です。

それぞれの特徴や仕様について、①「オフィス向けか家庭向けか」②「仕様と使い方」③「おすすめポイント」の3つの項目についてまとめてみました。

複合認証式電子錠一覧も作成しましたので、あわせてご覧下さい。

「PiACKⅡ」

鍵業界大手の美和ロックが販売する電子錠が「PiACKⅡ」です。

①家庭向けとしてもオフィス向けとしても利用可能です。
②モード選択により、機能を選択することができます。
③カギの製造・販売において国内で6割以上のシェアを誇る美和ロックの電子錠です。

「インターロック」

大手電子錠メーカーのフキが販売する電子錠が「インターロック」です。

①家庭向けとしてもオフィス向けとしても利用可能です。
②管理者以外の操作を受け付けなくしたり、パソコンと連動させたりすることができます。
③ユーザーモードやマネジメントモードなどのモードがあり、幅広いニーズにこたえることができます。

「TRUST LOCK」

防犯システムの専門業者、トラストが販売する電子錠が「TRUST LOCK」です。

①オフィス向け
②非常に強固なセキュリティを実現でき、ネットワークを構築して管理することもできます。
③4種類の認証機能を搭載しており、それぞれを自由に組み合わせることができます。

「Face Secure」

電子錠の大手メーカー、ロックダイナミクスが販売する電子錠が「Face Secure」です。

①オフィス向け
②非常に強固なセキュリティを実現でき、ネットワークを構築して管理することもできます。
③顔認証登録数が最大で3000人分、指紋認証登録数が最大で5000人分と、非常に多くの人の出入管理が可能です。

この他にも複合認証式に対応した電子錠をまとめてみましたので参考にしてみて下さいね。

暗証番号式対応 電子錠一覧

商品名 メーカー名 オートロック機能 解錠方法組み合わせ 対応ドア 電源
PiACKⅡ 美和ロック ICカード&暗証番号 開き戸 電池
インターロック フキ ICカード&暗証番号 開き戸 電池
TRUST LOCK トラスト ICカード&暗証番号
指紋認証&顔認証など20通り
開き戸/td> ACアダプター(12V/2A)
Face Secure ロックダイナミクス ICカード&暗証番号
指紋認証&顔認証など20通り
開き戸 ACアダプター(12V/2A)

複合認証式電子錠の使い方

ICカードと暗証番号を組み合わせた複合認証式の場合、ICカードを読み取り部分にかざし、テンキーで暗証番号を入力したあとで、解錠ボタンを押すとカギを開けることができます。

たとえば美和ロックの「PiACKⅡ」はICカードと暗証番号の組み合わせで開錠できます。

それに対してロックダイナミクスの「Face Secure」はICカードと暗証番号の他に
指紋認証、顔認証…などを組み合わせた20通りの開錠方法を利用できます。

メーカーや型式によって開錠方法のバリエーションは異なるようですね。
ご自身が実際に利用することをイメージして検討されるといいかもしれません。

まとめ

顔認証と指紋認証機能を搭載した複合認証方式の電子錠は、非常に高いレベルのセキュリティが要求される研究所やオフィス向けの電子錠といえます。しかし、ICカードと暗証番号を組み合わせるだけの機種も販売されていますので、様々なセキュリティレベルに合わせて選択することができます。

実際に使うのはオフィスなのか自宅なのか、そういったシーンを具体的にイメージすると必要な機能が見えてきます。

逆にセキュリティが高くても使い勝手が悪くて不便といったケースもありますので、あなたが求めるセキュリティと使い方のバランを考えるのが大切かも知れませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました