暗証番号式の電子錠を徹底比較! おすすめ商品と選び方・使い方のポイントご紹介!

電子錠の選び方

暗証番号式の電子錠に興味があるけど、具体的にどんな特徴があって、どんな商品があるのかよく分からないという方は多いのではないでしょうか。

この記事ではそんなあなたのために、暗証番号式の電子錠の選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介します。

暗証番号式の電子錠とは

暗証番号式の電子錠はテンキーで番号入力して解錠するタイプの電子錠です。使い勝手の良さから一般住宅や民泊、ウィークリーマンション、ビジネスホテルなど広く利用されているので見たことがある方も多いかと思います。

暗証番号なのでカギを持ち歩く必要がなく閉め出しのリスクがなくなるので、朝の出勤でバタバタしてしまっても安心ですし、従来の鍵と違ってピッキングを心配することもありません。

また、個人宅だけでなく物件管理でも利用されることが多いのも特徴の一つです。

たとえば旅行者の間で広く利用されている民泊の場合なら、宿泊者の初回入室時に1度だけ利用できる暗証番号を発行して、入室後は室内に置いてあるカードキーを利用してもらうというような活用方法があります。

他にもより高いセキュリティレベルを実現するため、他の認証方式と組合せてカギを開ける方式を取ったりと、その利用方法は多岐に渡ります。

暗証番号式電子錠のおすすめポイントを3つ紹介

ここでは暗証番号式の電子錠のおすすめポイント3つをご紹介します。

① カギを持ち歩かなくても良い

テンキーで暗証番号を入力するだけですので、カギを持ち歩く必要がありません。ポケットやバッグからキーホルダーを取り出してその中から部屋のカギを選び、カギ穴にカギを差し込んで回すという手間から開放されます。

② カギ交換の必要がない

カギを紛失した場合従来の鍵穴では、防犯上の理由からシリンダーごと交換する必要がありましたよね。しかし、暗証番号式ならそもそもカギを使いませんので、その必要はありません。カギの紛失がないので暗証番号を忘れないようにしておくだけで良いのです。

③ カギを複製しなくても良い

従来のカギの場合、同時に利用する人の数だけカギを複製する必要がありましたが、暗証番号式電子錠ではその必要はありません。利用者に暗証番号を教えるだけでいいのです。また、賃貸物件の場合、利用者用の暗証番号はその都度変更し、管理用の暗証番号は別に設定しておくなどの方法もあります。

物件管理に重宝される理由がわかりますね。

暗証番号式電子錠4選を徹底比較!

今回紹介するおすすめの電子錠は

「TOUCH」「ゲートマンNero」「インターロック」「マネージメントロック」の4種類です。

それぞれの特徴や仕様について、①「オフィス向けか家庭向けか」②「仕様と使い方」③「おすすめポイント」の3つの項目についてまとめてみました。

暗証番号式電子錠の一覧も作成しましたので、あわせてご覧下さい。

エピックの電子錠「TOUCH」

電子錠メーカー大手のエナスピレーション(エピック)が販売する電子錠が「TOUCH」です。

【特徴】
①家庭向け
②価格が安い一方でネットワーク制御ができませんが、干渉されないともいえます。
③オートロック以外にも様々な機能が搭載されています。

iRevoの電子錠「ゲートマンNero」

韓国の電子錠メーカーiRevoの正規日本総販売代理店、東邦金属工業が販売する電子錠が「ゲートマンNero」です。

【特徴】
①家庭向け
②複数の機器を一括管理することはできませんが、東邦金属工業の技術力により、様々な形状のドアへの設置を可能にしています。
③内側からドアノブを回すだけでカギを開けることができるアンチパニック機能付き電子錠です。

フキの電子錠「インターロック」

イナホブランドを通じて暮らしの安全を守る製品を提供するフキが提供する電子錠が「インターロック」です。

【特徴】
①オフィス向けとしても家庭用としてもご利用いただけます。
②専用ソフトでそれぞれの機器を一括管理することができます。
③利用シーンに応じた3つのモード選択ができます。

シーズンテックの電子錠「マネージメントロック」

優れたセキュリティ製品の開発・製造を行うシーズンテック製の電子錠が「マネージメントロック」です。

【特徴】
①賃貸物件向け
②既存のシリンダー式のカギをそのまま利用でき、一括管理することができます。
③低コストで電子錠のシステムを導入することができます。

この他にも暗証番号式に対応した電子錠をまとめてみましたので参考にしてみて下さいね。

暗証番号式対応 電子錠一覧

商品名メーカー名オートロック機能その他の解錠方法対応ドア電源
N-TOUCHエナスピレーション""“>エナスピレーション開き戸電池
TOUCH(HOOK)エナスピレーション""“>エナスピレーションICカード、シールキー開き戸、引き戸電池
EF-8000Lエナスピレーション""“>エナスピレーションICカード、指紋認証開き戸電池
POPscan(HOOK)エナスピレーション""“>エナスピレーション指紋認証開き戸、引き戸電池
ゲートマンNero東邦金属工業""“>東邦金属工業ICカード、リモコン開き戸電池
ゲートマンV20東邦金属工業""“>東邦金属工業ICカード、リモコン開き戸電池
ゲートマンV10東邦金属工業""“>東邦金属工業アイボタンキー開き戸電池
ゲートマンF10東邦金属工業""“>東邦金属工業リモコン、指紋認証開き戸電池

暗証番号式電子錠の使い方

カギを開けるときは暗証番号を押し、次に解錠ボタンを押すことでカギが開きます。オートロック機能をOFFにしている場合、カギを閉めるには施錠ボタンを押します。

たとえばエナスピレーションの「N-TOUCH」は入力画面に軽くタッチして起動した後、暗証番号を入力します。最後に「*」ボタンを押すとカギが開きます。

また、フキの「インターロック」は入力画面下部のテンキーを押して画面を起動します。後は「N-TOUCH」と同じようにボタン操作するとカギが開きます。

メーカーによって若干の違いはあるものの、ほぼ同じ操作と言って良さそうですね。

まとめ

暗証番号式の電子錠は種類が非常に豊富です。ICカードやリモコンでもカギを開けることが出来るものや暗証番号でしか解錠出来ないものなど様々です。普段はICカードを利用し、暗証番号はいざという時の保険という利用方法もあるでしょう。

また、一般家庭向け、オフィス向け、賃貸物件向けなど、様々なシーンに対応できるのも、種類が豊富な暗証番号式の強みであるといえます。

暗証番号式の電子錠なら、あなたのニーズにピッタリ合ったものがきっと見つかるはずです。

電子錠を機能から選ぶ
防犯対策意識の高まりとともに電子錠の普及率は右肩あがりです。 電子錠を取り扱うメーカー様もここ2-3年でかなり増えてきました。 こちらではその中でもおすすめの電子錠を暗証番号式、ICカード式、指紋認証式、リモコン式、二重ロック式の機能タイプ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました