リモコン式の電子錠を徹底比較! おすすめ商品と選び方・使い方のポイントご紹介!

電子錠の選び方

「2階からでもカギの開け閉めができる電子錠が欲しい!」という方はいらっしゃいませんか?そんな方にはリモコン式の電子錠がおすすめです。

リモコン式の電子錠は操作が簡単で、離れた場所からでもカギの開け閉めができます。機種によっては2階からでも操作可能ですので、足腰の弱いお年寄りや小さなお子様のいるご家庭でも安心して利用できます。

この記事では、リモコン式の電子錠を徹底比較しながら、選び方のポイントとおすすめ商品を詳しく解説していきます。

リモコン式 電子錠のおすすめポイントを3つ紹介

ここではリモコン式の電子錠のおすすめポイントを3つに絞ってご紹介します。

①リモコン式 電子錠 離れた場所からカギを開けることができる

例えば足腰の弱いお年寄りの場合、ホームヘルパーやご家族の方が来訪したときに玄関までカギを開けに行くのは大変です。

画像)ベッドでリモコン操作のイメージ

リモコン式の電子錠なら、ベッドに横になったままリモコン操作一つでカギを開けることができます。

②リモコン式 電子錠 操作が簡単

リモコンのボタンを押すだけですので、小さなお子様でも簡単にカギを開けることができます。

③リモコン式 電子錠 紛失したときのコストが低い

従来のカギは紛失した場合、防犯上の理由からシリンダー交換が必要です。しかしリモコン式電子錠はリモコンを紛失しても、電子錠本体の交換は必要ありません。紛失したリモコンを無効にするだけでOKです。

リモコン式電子錠3選を徹底比較!

おすすめのリモコン式の電子錠は「PREMIAⅡ」「ID-502TA-R」「LOCKEY」の3種類です。
それぞれの特徴や仕様について①「一般家庭向けかオフィス向けか」②「操作可能範囲」③「おすすめポイント」についてまとめてみました。

一覧表も作成しましたので、あわせてご覧下さい。

「PREMIAⅡ」

一般家庭向け電子錠メーカーのセリュールが販売する電子錠が「PREMIAⅡ」です。

【特徴】
①一般家庭向け
②操作可能範囲は約20m
車のスマートキーでもカギを開けることができます。

「ID-502TA-R」

電子錠の大手メーカー、ロックマンジャパンが販売する電子錠が「ID-502TA-R」です。

①一般家庭/オフィス/店舗etc.
②操作可能範囲は約15m
管理者権限モードを搭載しています。

「LOCKEY」

安心で便利な暮らしをご提案する山本商事が販売する電子錠が「LOCKEY」です。

①一般家庭向け
②操作可能範囲は約0.5〜6m
③本体の脱着が簡単で、引き戸やクローゼットなど、あらゆる場所に設置できます。

この他にもリモコン式に対応した電子錠をまとめてみましたので参考にしてみて下さいね。

リモコン式対応 電子錠一覧

商品名 メーカー名 オートロック機能 その他の解錠方法 対応ドア 電源
PREMIAⅡ セリュール 暗証番号、スマートキー 開き戸 電池
ID-502TAB/ID-502TA-R ロックマンジャパン 暗証番号、ICカード、非常キー 開き戸 電池
LOCKEY 山本商事 開き戸、引き戸 電池
NOAKEL 松村エンジニアリング 開き戸、引き戸 電池
ゲートマンNero 東邦金属工業 ICカード、暗証番号 開き戸 電池
ゲートマンV20 東邦金属工業 ICカード、暗証番号 開き戸 電池
ゲートマンF10 東邦金属工業 暗証番号、指紋認証 開き戸 電池
edロックPlus アルファ ICカード、携帯電話、シールキー 開き戸 電池

リモコン式 電子錠の使い方

外から操作できるタイプのリモコン式の電子錠は、車のスマートキーと同じくリモコンをバッグやポケットに入れておけばカギを開けることができます。もちろん、離れた場所からでも操作可能です。

また、リモコン式の電子錠には室内からしか操作できないものと、外からでも操作できるものの2種類があり、操作可能範囲も機種によって異なります。

たとえばセリュールの「PREMIAⅡ」は操作可能範囲が20mで、2階からでもカギを開けることができます。

一方、山本商事の「LOCKEY」は操作可能範囲が0.5〜6mという仕様になっており、ドアホンの前からの操作を想定しています。リモコンは室外用と室内用の2種類があり、室内用は別売です。

実際に利用するシーンをイメージして購入を検討したいですね。

まとめ

リモコン式の電子錠の最大のメリットは離れた場所からでもカギの開け閉めが出来ることですが、製品によって操作可能範囲が異なります。機能についても車のスマートキーで解錠できる製品もあれば、リモコンでしか操作できない製品もあります。そして、それぞれにメリットとデメリットがあります。

リモコン式の電子錠をどこでどのように使うのか。また、どこまでの機能を求めるかによって、選択の幅が決まってきそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました